車検を受ける前に知っておきたい大事なこととは?

車検を受ける時期を知っておこう

日本では自動車を購入すると必ず車検を受けなければなりません。車検葉新車の時は購入後3年目に受け増す。それ以外の車は、2年おきに車検を受けることになります。車検が受けられるのは、期限が切れる1ヶ月前からになります。例えば、5月10日に車検の期限が切れる場合には、その一ヶ月前である4月10日より車検を受けることが出来ます。もし、4月10日に車検を受けたとしても、次の車検の有効期限は4月10日からではなく、5月10日からになります。

車検を受けないとどうなるのか

車検を受けないとどうなるでしょうか。まず、法律的な問題として、無車検車運行とされます。もちろん、自宅にずっと置いておくだけならば車検が切れても問題ありませんが、実際に公道を走ってしまうと、違反点数が6点、そして罰則として6ヶ月以下の懲役あるいは30万以下の罰金が課されれますので注意が必要になります。車検が切れるときには自賠責保険も切れている可能性があります。この場合にも無保険車運行として違反点数が6点、罰則はやや重く、罰則が12ヶ月以下の懲役、あるいは50万以下の罰金となってしまいますので気を付けましょう。

車検を受けないと事故が多くなる

日本で車の事故を起こす原因は脇見運転だったり居眠り運転だったり、スピード違反が多くなります。これらの共通点は、車自体に問題があるのでは無く、その車を動かしている人間に問題があるのです。これは、裏を返せば、車自体の性能や整備の問題で事故を起こしている確率はかなり低いことがわかります。このように車自体が原因の事故が少ないのは車検のおかげなのです。外国の事故と比較するとわかりますが、ブレーキが効かなかったりパンクで事故を起こす確率が低いのです。

自動車を所有しているなら、殆どの場合2年に一度車検を受けなければいけませんが、自動車ディーラーやカー用品販売店、ガソリンスタンドや自動車修理工場などで受けることができます。