「フェーブ」ってなに!?集めると幸せになれるかも!

フランスで人気のアイテム「フェーブ」とは!?

趣味のコレクションで集めるアイテムとして、フィギュアやブリキのおもちゃなどを集めている人は多いのではないでしょうか。そんな趣味のおもちゃのコレクションアイテムとして、最近静かな人気のあるのが「フェーブ」です。「フェーブ(Feves)」とはフランス語で「そら豆」という意味で、陶器などで作られた小さなかわいい人形のことをいいます。フェーブは昔からフランスで親しまれているアイテムですが、最近日本でもフェーブの愛好家が増え、次第に人気が高まってきているようです。

新年の幸せのシンボル・フェーブ

実は、フェーブは単純な置物とか飾りとして使われるものではないんです。フランスで、毎年新年を祝う「エピファニー(公現祭)」というお祭の際に、皆で分けて食べる「ガレット・デ・ロワ」というケーキの中に忍ばせるアイテムとして使われるもの。ケーキを切り分けて、フェーブの入ったケーキが当たった人がその日1日「王様」や「女王様」になり、その一年を幸せに過ごすことができるという「ラッキーアイテム」なのです。昔は「そら豆(フェーブ)」を使っていたことから、陶器の人形に変わった現在でもこの名前で呼ばれるようになったそうです。

フェーブはコレクションアイテムにピッタリ!

フェーブはどこで手に入れることができるかというと、日本ではヨーロッパ雑貨を輸入販売しているような雑貨店や、製菓材料の販売店などで購入することができるようです。人形や動物、乗り物や家、食べ物、童話のキャラクターなど数え切れないくらいの種類があり、フランスでもフェーブのコレクターは沢山いるそうですよ。毎年新しいフェーブが作られているので、今年はどんなフェーブが出るのか楽しみにしている人も多いとか。ちょっとした飾りや置物などにも最適なフェーブ、コレクションアイテムに加えてみてはいかがでしょうか?

おもちゃの買取を依頼する時には、専門店に行って査定を受けることがポイントです。リサイクルショップより、高額で売れる場合もあります。